スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

僕の席。








          師匠は私たちの夕飯の時


         必ず、パパさんの隣に座ります。


         一くち、二くち、おかずをせがみます。



     090610_202135_ed.jpg
       パパさん、ください 食べたい


  パパ 「ダメだよ今日は平ちゃん食べられるおかずがないよ


     090610_202110_ed.jpg
        食べたい!食べたい!


   パパ 「ダメ!これは照り焼きだから味がしっかり付いてるし
        平ちゃんには食べさせられないの


   違う!違う!  そっちのだよ!!!
     090610_202259_ed.jpg
      そっちの、ツナサラダのツナ!

   パパ 「ははは!残念!このツナもオイル漬けのだから
        だぁ~めぇ~

    大丈夫だよ!水煮タイプのツナ缶だよ!
     090610_201951_ed.jpg
       でしょ?たーさん


    ・・・・・・・はい。

    水煮タイプのツナ缶です


    段々と、師匠も食べられる物・・・と考えて献立するようになって・・・

    魚は軽く塩を振って焼いたり・・・

    ツナサラダはもちろん、鶏のささみでバンバンジー風とか・・・?

    
    まぁ、彼は私たちの夕食に参加したいだけの様なんですが・・・

    で、結局あげるんですけどねパパさんは。


    
    ちなみに、どうしてもおかずを貰えなかった場合・・・


      090610_204500_ed.jpg
        パパさんのケチ


    と・・・戸の隙間でふて腐れます

    
    

    甘やかして育てました・・・





       応援していただけると嬉しいです
              
          にほんブログ村 猫ブログへ

   




     
スポンサーサイト
未分類 | コメント(6) | トラックバック(0) | 2009/06/11 21:57
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。